沖縄でダイビングする際には、危険生物を理解する事が大切

沖縄は美しい海が広がっていて、ダイビングをするには絶好の場所ですが、気を付けないといけないのが海の危険生物と呼ばれる生き物が多数いるという事です。

沖縄の海では、見た目にはとても美しくて思わず触れてしまいたくなるミノカサゴやオニダルマオコゼといった岩のような形をしていて、見ているだけでは見つける事が困難な生き物がたくさんいます。ミノカサゴやオニダルマオコゼは猛毒を持っていて、毒によって時には命を落としてしまうほどの生物なので、絶対に触れる事が無いようにしなければいけません。そのような危険生物に対処するためにもマリンシューズやうウェットスーツはきっちりとみにつけておかないといけません。

沖縄でダイビングをする前には、沖縄に住む危険生物をしっかりと理解しておくことも大切です。

沖縄の空港などにも海の危険生物に関して注意喚起を促している配布物などが置かれているので、そのような本を参考に注意するべき危険生物をしっかりと理解しておくことが大切です。

注意すべき生物をしっかりと理解すれば、沖縄のとても美しい海を十分満喫することが出来ますし、安全に海を楽しむ事が出来ます。

本州の海に慣れているからと言ってもまた、ダイビングをする地域が異なればその地域の気候や環境をしっかりと理解する事も大切です。