綺麗な海との一体感を味わえるダイビング

沖縄の海は、日本のどこよりも澄んでいる海です。ダイビングを行ったのは随分前ですが、その時の光景ははっきりと覚えています。まず、沈む前に軽く泳いだ時も、立ち泳ぎをしながら軽く海の底を覗きました。

海底のサンゴ礁が、その近くで泳いでいる小魚たちが、海面に顔を付けただけでも、はっきりと確認することができました。自分の身長の何倍もある距離を一切の曇りもなく、底の底まで伺えるのです。テレビなどで見た景色と全く同じですので、これは自分の目で見る価値は十分にあります。その後、ダイビングで軽く沈み、泳いだ時はもう、空を泳いでいるかのような気分でした。

海底でナマコを掴んでみたり、海底に足を付けて見たり、それでいてあっという間に海面まで浮かんでいけるので、本当に自由自在に空を飛びまわっていたかのようでした。その時も私はダイビングなどやったことのない初心者でしたが、付き添いのダイバーの方が懇切丁寧にいろいろなことを教えて下さり、酸素ボンベを付けるのも手伝ってもらえたり、これと言って心配するようなことはありません。

何一つ心配することもなく、ただただ、自由自在に沖縄の海を堪能できるダイビングは、沖縄に行ったら必ず一度はやってみることを強くオススメします。ただ一つだけ残念なことがあるとすれば、天気に左右されてしまうことです。沖縄の天気は変わりやすいので、ダイビングのできる晴れやかな日を狙い、チャンスを逃さないようにしましょう。