西表島でマンタを見ることが出来るスポット鹿川中の瀬

沖縄にはダイビングスポットがたくさんありますが、その中でも特に人気なのがマンタを見ることが出来るダイビングスポットです。

沖縄では、普段水族館でしか見ることが出来ない巨大なマンタを、実際にまじかに見ることが出来る場所が複数あります。

沖縄で大自然が残る場所として知られている西表島にも、マンタを見ることが出来るスポットがあります。鹿川中の瀬と呼ばれるエリアで、マンタを見ることが出来るスポットとしてとても有名です。一点注意が必要なのは、マンタを見ることが出来るこのスポットまで、西表島の港から約1時間と長時間船に乗って行かなければいけない事です。

春先に特にマンタに出会えるとされています。水深は15mほどですが、島からも大きく離れるので、中級から上級のダイバー向けとされています。高い確率でマンタに出会うことが出来ますが、海が安定している時でないと船が出ないので、天候の確認も大切だと言えます。

西表島は、民家の数も少なく、手つかずの大自然が残っていて、海の汚染も皆無といえるので、西表島の周囲の海も本当に美しく、海の透明度もとても高いのが特徴です。

沖縄でダイビングをするのなら、西表島周辺も絶対に外すことが出来ないポイントといえ、島まで行くのに若干時間がかかりますが、訪れて損はないと言えるスポットです。